スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【モダン】エンチャントレス【緑】

久し振りにブログを開いたのはこの記事を書くため。前の日記の仕事への展望というか予測を見てたら現状を書きたくなってしまって・・・

とりあえず今回はモダンエンチャントレスに関する事を書きたい。

ひたすらゴブリンばかり組んでいたのですが、モダンのゴブリンをレガシーへと昇華させた結果、もう一度同じモダンゴブリンデッキを組むのも何か芸がないなと思い、何かないかと模索していた時。ぼんやりと東方永劫譚を眺めていた僕の目に映ったのは、主人公の魔理沙と戦う風見幽香。魔理沙が使うのはゴブリンデッキなので当然この動画シリーズも見ていたわけだけど、対戦相手のゆうかりんに注目したのは初めてだった。
ゆうかりんが好きというわけではなく、彼女の使うデッキ「エンチャントレス」が気になったのだ。
実は初めて大会(スタンダード)に参加したとき、使用デッキは「セレズニアZoo」だった。そのパーツが残っていたのと、マナを伸ばして強力なクリーチャーを唱えるというのが自分に合っているように感じていた。さらに公式でデッキレシピが紹介されたのも後押しになった。

そんなこんなでモダンでエンチャントレスを組んだ。初めて組むデッキタイプだったので、とりあえず公式で紹介されたレシピをほぼそのまま流用している。
自分はそれに「安全の領域」と「クルフィックスの洞察力」を1枚ずつ抜いて「クルフィックスの狩猟者」を投入した。
理由としては「亡霊の牢獄」で基本充分の上に5マナとちょっと重めの安全の領域と、手札があぶれることが多いこのデッキで手札を増やすことは必要なのか疑問に思った。もちろんどちらのカードも良いカードで何度か助けてもらった場面もある。
しかし自分は自身もエンチャントであり、タフネスが4でクリーチャーを受け止めつつ火力でも焼かれにくく、土地を伸ばしつつデッキ圧縮できる上にライフゲインもできる彼を選択した。

そして一番悩んでいるのがサイドボードだ。
緑と白でさらにマナも伸びるのでこのデッキの選択肢は広い。
同じように公式の記事も参考にしつつ、いろいろと対策を考えてみた。

「対速攻デッキ」
対バーンにおいて、バーン側が最も嫌がるのはライフゲインだ。というより自分もバーンを組んでいたのでよくわかる。
「スラーグ牙」は今でもトラウマなわけだけど、さらにはキッチン、ワームとぐろエンジンも選択肢になる。
さらには神聖の力線や赤の防御円など、ライフを回復したりダメージを軽減するカードは豊富である。
この辺りの枚数は、クリーチャーが多いビートダウンか、インスタントソーサリーの多いバーンかで枚数を調整する必要があったりなかったり。大体ワームとぐろエンジンを2枚突っ込んでおけば、出したら相手としてはめんどくさいことこの上ない。

対ミッドレンジ
なんだかんだで一番めんどくさい。とくに黒の手札破壊がきついので、タルモ死儀礼軟泥で序盤から殴られつつ手札を削られるとかなり苦戦するだろう。というより勝つのが厳しい。「自然に帰れ」があればこちらのデッキは壊滅する。土地を割るのもダメ。

対コンボ
どちらが先に揃えることができるか・・・こちらはエルドラージをぶつける

対コントロール
青は死んで、どうぞ。サイドから土地を割りに来たり、土地をバウンスしたりと厄介。ただしあちらも遅いので、打ち消されないクリーチャーで早々に殴って行こう。霧裂きのハイドラとかどうよ、と思っていたけど結局白の剣を鋤にで滅ぶ。

サイドボードの構築が一番悩ましい。どういうプランでデッキを組み立てるか、どういう相手に何が有効で、それを相手のデッキから守るためにはどのカードが投入されるのを見越してどのように守るのか。など考えることが多い。

さて、そろそろカードを注文するか・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。