スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【モダン】エンチャントレス【緑】

久し振りにブログを開いたのはこの記事を書くため。前の日記の仕事への展望というか予測を見てたら現状を書きたくなってしまって・・・

とりあえず今回はモダンエンチャントレスに関する事を書きたい。

ひたすらゴブリンばかり組んでいたのですが、モダンのゴブリンをレガシーへと昇華させた結果、もう一度同じモダンゴブリンデッキを組むのも何か芸がないなと思い、何かないかと模索していた時。ぼんやりと東方永劫譚を眺めていた僕の目に映ったのは、主人公の魔理沙と戦う風見幽香。魔理沙が使うのはゴブリンデッキなので当然この動画シリーズも見ていたわけだけど、対戦相手のゆうかりんに注目したのは初めてだった。
ゆうかりんが好きというわけではなく、彼女の使うデッキ「エンチャントレス」が気になったのだ。
実は初めて大会(スタンダード)に参加したとき、使用デッキは「セレズニアZoo」だった。そのパーツが残っていたのと、マナを伸ばして強力なクリーチャーを唱えるというのが自分に合っているように感じていた。さらに公式でデッキレシピが紹介されたのも後押しになった。

そんなこんなでモダンでエンチャントレスを組んだ。初めて組むデッキタイプだったので、とりあえず公式で紹介されたレシピをほぼそのまま流用している。
自分はそれに「安全の領域」と「クルフィックスの洞察力」を1枚ずつ抜いて「クルフィックスの狩猟者」を投入した。
理由としては「亡霊の牢獄」で基本充分の上に5マナとちょっと重めの安全の領域と、手札があぶれることが多いこのデッキで手札を増やすことは必要なのか疑問に思った。もちろんどちらのカードも良いカードで何度か助けてもらった場面もある。
しかし自分は自身もエンチャントであり、タフネスが4でクリーチャーを受け止めつつ火力でも焼かれにくく、土地を伸ばしつつデッキ圧縮できる上にライフゲインもできる彼を選択した。

そして一番悩んでいるのがサイドボードだ。
緑と白でさらにマナも伸びるのでこのデッキの選択肢は広い。
同じように公式の記事も参考にしつつ、いろいろと対策を考えてみた。

「対速攻デッキ」
対バーンにおいて、バーン側が最も嫌がるのはライフゲインだ。というより自分もバーンを組んでいたのでよくわかる。
「スラーグ牙」は今でもトラウマなわけだけど、さらにはキッチン、ワームとぐろエンジンも選択肢になる。
さらには神聖の力線や赤の防御円など、ライフを回復したりダメージを軽減するカードは豊富である。
この辺りの枚数は、クリーチャーが多いビートダウンか、インスタントソーサリーの多いバーンかで枚数を調整する必要があったりなかったり。大体ワームとぐろエンジンを2枚突っ込んでおけば、出したら相手としてはめんどくさいことこの上ない。

対ミッドレンジ
なんだかんだで一番めんどくさい。とくに黒の手札破壊がきついので、タルモ死儀礼軟泥で序盤から殴られつつ手札を削られるとかなり苦戦するだろう。というより勝つのが厳しい。「自然に帰れ」があればこちらのデッキは壊滅する。土地を割るのもダメ。

対コンボ
どちらが先に揃えることができるか・・・こちらはエルドラージをぶつける

対コントロール
青は死んで、どうぞ。サイドから土地を割りに来たり、土地をバウンスしたりと厄介。ただしあちらも遅いので、打ち消されないクリーチャーで早々に殴って行こう。霧裂きのハイドラとかどうよ、と思っていたけど結局白の剣を鋤にで滅ぶ。

サイドボードの構築が一番悩ましい。どういうプランでデッキを組み立てるか、どういう相手に何が有効で、それを相手のデッキから守るためにはどのカードが投入されるのを見越してどのように守るのか。など考えることが多い。

さて、そろそろカードを注文するか・・・
スポンサーサイト

金のかかる趣味っすよ

今日ちょっと5000円ぐらい課金したわ。

一枚1000円を2枚、750円を3枚買ったからかなりやばい。てかそれを振り込んだときの残高が10000切ったっていうね・・・

カードゲームはどれもそうだけどハマるとやばい。今遊戯王半分凍結してるからまだマシだけど、二つ以上カードゲームやってる人はやばいと思う。尊敬するわ。

今自分の持ってるデッキは
ゴブリン(レガシー)
赤黒ビートダウン(スタンダード)
居住セレズニア(スタンダード)

で組んでて、最近みんなスタンダード環境(*1)でやって「ゴブリンはちょっと・・・」みたいな空気があるんで実質使ってるのは赤黒ビートダウンか居住セレズニアなんっすよね。だってゴブリンスタン環境で組むの無理なんだもん・・・
だから今日購入したのは赤黒とセレズニアを強化するためのカードたち。それプラスα。
プラスαっていうのが新しくつくるデッキのパーツ達。新しいデッキは・・・

バーンデッキさ!

バーンっていうのは遊戯王でもある用語だけど、相手のライフに直接攻撃する、基本クリーチャー以外で戦うデッキさね。
赤単で組むつもりなんだけど、赤は他の色よりもドローしたりマナ増やしたりの手段が貧弱なんで、息切れとか事故が怖すぎ。混色にするかどうかは回してから決める。
今回の購入で既存のデッキは両方強くなるんだけど、こいつばっかりは回してみないとわからにあ。
うわあああああ

こーさつ

今日は先輩と後輩とギャザのドラフトやった。4人で3パックずつ買って、その中から40枚ずつ選んでそれを使って総当たりの対戦をやって順位を決めて、好きなカードを上位のやつから取っていくスタイル。楽しかったしいいカード手に入ったからよかったわ。


さて。今日はラヴニカの回帰のイベントデッキ『破壊と怒り』を買った。最初はそんなにお金をかけないつもりだったけどやっぱりハマると使っちゃうよねー。
破壊と怒りは赤黒混合。今まで赤単ゴブリンデッキしか使ってなかったから混色デッキすごい興味あったんだよね。
赤黒は面白かった。新鮮な感じがしたね。

さて、今回手に入った良カードはこれ。

『魂の洞窟』
土地
魂の洞窟が戦場に出るに際し、クリーチャー・タイプを1つ選ぶ。
(T):あなたのマナ・プールに(1)を加える。
(T):あなたのマナ・プールに好きな色1色のマナ1点を加える。このマナは、選ばれたタイプのクリーチャー呪文を唱えるためにのみ使用でき、その呪文は打ち消されない。

つまりゴブリンという種族統一だから活きる。このカードがあれば強力なゴブリンを出した時に青の呪文で打ち消されない。青メタにもなるし、好きな色のマナが加えられるのでデメリットはない。ただクリーチャー呪文の時にしか色がつけれないけど、そこまで気にすることもないと思う。

次はこいつ。
Thunderous Wrath / 轟く怒り (4)(赤)(赤)
インスタント
クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。轟く怒りはそれに5点のダメージを与える。
奇跡(赤)(あなたがこのカードを引いたとき、これがこのターンに最初に引いたカードだった場合、あなたはこれの奇跡コストを支払うことでこれを唱えてもよい。)

普通に使うと6マナ5点のカードだけども、ドローした場合1コス5点という強カード。

最後はこれ

Vexing Devil / 苛立たしい小悪魔 (赤)
クリーチャー — デビル(Devil)
苛立たしい小悪魔が戦場に出たとき、いずれの対戦相手も「苛立たしい小悪魔は自分に4点のダメージを与える」ことを選んでもよい。いずれかのプレイヤーがそうした場合、苛立たしい小悪魔を生け贄に捧げる。
4/3

ぶっちゃけ強い。1マナで4/3がポンと出てくるわけで。もちろんたいていの場合相手に除去されてしまうけれども、そのためには相手は4ものライフを支払わなければならない。1コス4点バーンは上に書いた奇跡レベルで強いからこれは4枚ほしいぐらい。ただ悪魔だからゴブリンじゃないのは残念。

まぁこんなところかな。あとは小悪魔の遊びとかおもしろそうだった。とりあえず1枚入れてみたけど、1枚じゃひかないからわからないね。

今日まで回してみた感想としては、バーンは強い

身内のギャザ勢はモンスターを溜めて強いモンスターを出したり数を並べて守りを固めつつ賛美飛行で殴ってきたりとモンスターに頼ってる感じがある。特に緑は呪禁っていうモンスター効果も魔法の効果も受けないとかいうやつがゴロゴロいるから困る。そんなやつらをすっ飛ばしてプレイヤーにダメージを与えるバーンデッキは素直に強いと思うわ。
しかしゴブリンで殴るのも面白い。てなわけで今あるゴブリンデッキと今日作った赤黒デッキ以外にあと一つ、バーンデッキを組もうと思う。たぶんこれが一番手が付けられないんじゃないかな? 高火力モンスターを出される前に相手のライフを削りきればいいわけだしね。今はバーンとゴブリンが混合になってる(まぁこれでも十分相手のモンスターを除去したり直接ダメージを与えたりと強いわけなんだけど)から、中途半端な感じが否めない。実際ゴブリンデッキにはほとんどバーンカードなんて入ってないわけだし。
てなわけで汎用性の高い殴るゴブリンカードを買ったらバーンを減らして、もう一つ最初に買ったイベントデッキを買ってバーン主体にしよう。それでもゴブリンの投火師と付火屋と手投げ弾はぶち込むけども。あとどぶ潜みもね。

さて、そろそろ寝るかな
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。